文字サイズ

広島・佐々岡監督 ドラ1森下を絶賛「センスを感じる」 新人合同自主トレを視察

新人合同自主トレを視察に訪れ、坂道ダッシュをする新人選手を見守る広島・佐々岡真司監督(中央)=廿日市市大野(撮影・立川洋一郎)
3枚

 広島の佐々岡真司監督が13日、廿日市市の大野練習場を訪れ、初めて新人合同自主トレを視察した。

 ウオーミングアップやキャッチボール、ノックに目を配ると、その後は近隣の山道へ移動。高低差が約20メートルあり、急勾配の坂道を必死にダッシュする若鯉を見つめた。

 「一人ずつ体の動きを見た。しっかりと動けていたと思う」と9選手のハツラツとした練習風景ににっこり。即戦力として期待するドラフト1位・森下(明大)については「キャッチボールを見ただけだけどね。フォームのバランスが良く、指のかかり具合や回転が素晴らしかった。ノックの軽快な動きにもセンスを感じる」と、最大級の評価をしながら目尻を下げた。

 15日からは合同自主トレが始まり、2月1日にはキャンプインする。残りは約2週間。新人たちへ「オーバーペースにならないように体をつくって、2月1日を迎えてほしい」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス