文字サイズ

野村 残留の理由「カープが好き」球団、佐々岡監督の言葉も決め手に【一問一答】

FA権を行使せず、カープ残留を表明する広島・野村祐輔=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 広島・野村祐輔投手(30)が26日、広島市のマツダスタジアムで会見を開き、今季取得した国内FA権を行使せず、カープに残留すると表明した。

 会見での一問一答は以下の通り。

 「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。私、野村祐輔はFA権を行使せずカープに残留することを決めました。佐々岡新監督の下、リーグ優勝、日本一を目指して頑張っていきます」

 -残留の理由

 「カープというチームが好きなので、このチームでもう一度優勝して、日本一になりたいという思いで決めました」

 -悩んだ。

 「最初、獲得したときは迷った時期はありましたが、いろんな方に相談させてもらってこういう決断になりました」

 -きっかけは。

 「球団の方に『力になってほしい』という言葉をいただきましたし、監督からも電話で来年からも『一緒にやってほしい、力になってほしい』と。チームメートの『これからも一緒にやりましょう』という言葉も含め、こういう決断になりました」

 -チームメートの言葉も大きかった。

 「一緒にやってきたチームメートからそういう言葉をかけてもらったので」

 -気持ちを整理したかったか。

 「こういう風に話をさせてもらえる機会はなかったので、話をさせてもらいました」

 -先発で8年間投げ続けてきた。

 「大きなケガなく、ここまでやってこれたことが一番良かった」

 -カープに合ったところは。

 「すごく明るいチームで、年齢が若い選手が多い中でなじみやすい、やりやすい環境でやらせてもらってすごく良かった」

 -これから役割は。

 「チームを引っ張っていけるような選手でいたいです」

 -来季へ燃えるものがあるのでは。

 「個人としてチームとしても今年はすごく悔しい思いをした、やり返したいです」

 -ドラフトでは明大の後輩も指名された。

 「後輩も入ってくるので、お手本になるような先輩になりたい」

 -スッキリしたか。

 「もう来年に向けて頑張っていこうという気持ちでいます」

 -成し遂げたいことは。

 「もう一度、リーグ優勝、日本一を目指して頑張っていきたい」

 ーファンへメッセージ

 「ファンの方からもたくさんの手紙をいただいたので、感謝の気持ちをプレーで返せるように来年以降やっていきたいです」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス