文字サイズ

OB安仁屋氏 広島のCS進出、逆転日本一に太鼓判「先発3枚そろっている」

 広島・大瀬良
3枚

 デイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(75)が、広島の逆転日本一へ太鼓判を押した。残り1試合となった今季を振り返り、中継ぎ陣に負担がかかったことなどを指摘。ただ、投手力そのものはライバル球団と大差がないとし、CS突破、日本シリーズ進出は十分に可能と見ている。

  ◇  ◇

 今年のセ・リーグはカープが4連覇を逃して巨人が優勝したわけだけど、誰も責めることはできない。後半戦は投手、野手のかみ合わせが良くなかった。点を取ってくれた時に取られたり、その逆もあった。特に9月に入って、そういう試合が目立ってしまったね。

 今までのような逆転勝ちから、逆転負けが増えた。先発が思うようにいかない中で、中継ぎ陣に夏場の疲れが出た。四球数も多く、ことごとく失点に結びついた印象だ。打つなら打ってみろ!という気持ちが大切。精神的に強くなってほしい。

 最近は4連敗もあったけど、23日・中日戦のサヨナラ勝ちは大きかった。CS進出はほぼ間違いないだろう。現状3位だけど、逆転日本一は十分にある。どこが相手でも投手力に差はないからだ。カープは先発3枚がそろっている。ジョンソン、大瀬良、床田。それに野村も控えている。

 中継ぎでは中村恭が抹消されたが、左投手が必要であれば床田を回すこともできる。九里も中継ぎの経験がある。勝ち継投が不安な中、今まで頑張ってくれた菊池保の起用法が重要になってくる。

 CSファーストS進出となれば、対戦相手はDeNA。横浜スタジアムでは今季3勝9敗1分けと相性が良くない。不利は不利だけど今年は挑戦者として戦うことができる。気持ち的には楽に戦えるんじゃないかな。19日の試合は7点差を逆転されて負けてしまったけど、苦手にしていた今永を攻略したことは自信になる。リーグ優勝した巨人にも怖いイメージはない。今年も勝ち越しているからね。日本シリーズ進出は十分に考えられる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス