文字サイズ

広島・会沢 サヨナラ!「ナガさんが打たせてくれたのかな」 CSへ王手

 「広島4-3中日」(23日、マツダスタジアム)

 秋の気配が漂い始めたマツダスタジアムが歓喜に沸いた。3-3の延長十回、広島・会沢が振り抜いた打球が中前で弾む。ベンチの永川も大喜びだ。球団史上最多となる今季12度目のサヨナラ勝ちで、CS進出へ王手をかけた。

 「良かったと思います。前進守備だったので内野の頭は越えたと思った。ナガさんが打たせてくれたのかな」

 永川の引退試合に花を添えた。試合前には永川の長女が始球式に登場。スタンドがどよめくほどのストライクボールを捕球して、パワーをもらっていた。

 永川は引退会見で、「ベースの前にワンバウンドするようなフォークをみんな体を張って止めてくれた」と捕手陣に感謝。その言葉を聞いた会沢は恐縮しきりだった。「逆に僕らが鍛えられました。偉大な大先輩。感謝しています」と言った。

 最も印象深い試合は昨年の6月7日・日本ハム戦(マツダ)を挙げた。永川が左膝クリーニング手術から復帰した一戦でバッテリーを組み、2イニング無失点。「心にグッとくるものがあった」と感慨深げに振り返った。

 今季3度目のサヨナラ打でポストシーズンへ大きく前進だ。27日の中日戦(マツダ)に勝てば決まりだが、それまでに阪神、中日がそれぞれ1敗ずつすればCS進出が決定。「最後の1試合、必死になってやりたい」。プロ初の規定打席に達した頼もしい選手会長が、背中とバットでチームを引っ張っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス