文字サイズ

逆転負け広島3連敗 エラーに痛恨の押し出しも…2位と3・5差に

8回、勝ち越しを許しベンチで厳しい表情の広島・緒方孝市監督(中央)=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島4-6DeNA」(30日、マツダスタジアム)

 広島は逆転負けで3連敗。貯金1、2位DeNAとのゲーム差が3・5に開いた。

 ミスが重なった。1点リードの六回は2死一、二塁から細川の遊撃内野安打を処理した小園が一塁へ悪送球。同点に追いつかれた。

 八回は2番手遠藤が崩れた。2死二塁から申告敬遠と四球で満塁とピンチが拡大。押し出し四球で勝ち越しを許すと、神里の適時打に中堅西川の悪送球も重なり、この回一挙4点を失った。

 その裏、代打長野が適時打を放ち、約2カ月ぶり打点をマーク。2点差まで迫ったが、反撃は及ばなかった。

 また、菊池涼が五回の打席で2度の自打球が当たる不運。七回に途中交代となるアクシデントも重なった。

 DeNAは先発浜口が二回途中、右股関節に違和感を訴えて降板。それでも緊急登板となった笠井が4回1/3を1失点と好投。アクシデントを乗り越え、5連勝とした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス