文字サイズ

菊池保が13試合連続無失点「打者に集中」猛虎の反撃を食い止める

 「広島10-5阪神」(4日、マツダスタジアム)

 広島の3番手・菊池保が猛虎の反撃を食い止めた。10-2の七回、2番手・遠藤が3点を失い、1死二塁のピンチで登板した。

 突然の出番も夏男は落ち着いていた。「あまり走者を気にしないようにした」と大山を中飛に。さらに「2死を取ったので打者に集中しようと思った」と新助っ人・ソラーテも空振り三振に斬った。

 7月以降は13試合連続無失点と絶好調。真夏を迎えて調子を上げており、勝利の方程式入りも見えてきた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス