文字サイズ

勝てば首位浮上 菊池涼が先制の2点適時打 好投の野村を援護

 5回、先制の2点タイムリーを放ち拳を突き上げる菊池涼
 5回、先制の2点タイムリーを放つ菊池涼
 5回、先制タイムリーを放ちベンチに向かってポーズする菊池涼
3枚3枚

 「広島-中日」(21日、三次きんさいスタジアム)

 広島が0-0の五回に菊池涼介内野手の2点適時打で先制に成功した。

 先頭の会沢から3連打が生まれるなど2死満塁の好機。ここで菊池涼がフルカウントからファウルで粘った9球目、大野雄の直球を左前へはじき返し、均衡を破った。

 カープファンは大歓声。得点圏打率・438とリーグトップの勝負強さを見せつけ、「頑張って必死につなぎました」とコメントした。

 チームは大野雄と今季4度目の対戦。前回対戦の今月7日は完封負けを喫しており、相手左腕から20イニングぶりの得点となった。

 五回まで無失点と好投の野村を援護。広島は勝てば今季2度目の8連勝、そして首位浮上となる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス