文字サイズ

先発・野村が4回5失点で降板 味方エラーから大量失点

3回、中日打線につかまり、苦しそうな表情の野村
3枚

 「中日-広島」(7日、ナゴヤドーム)

 広島・野村祐輔投手が先発し、4回7安打5失点(自責4)で降板した。

 二回、無死一塁から高橋に左中間へ先制の適時二塁打を浴びると、三回に捕まった。

 先頭の平田に左中間フェンス直撃の三塁打を浴びると、続く京田の三塁へのゴロを安部がファンブル。無死一、三塁とされ、大島の投ゴロの間に1点を追加された。

 その後もビシエド、阿部、高橋に3連続適時打を浴び、この回4失点。その後、五回の打席で代打を送られ交代となった。

 試合前まで右腕は今季中日と2戦2勝、防御率0・64だったが、この日は好相性ぶりを発揮できなかった。

 五回からは山口翔投手がプロ初登板した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス