文字サイズ

広島・バティスタ「いい感触でした」劇的な一打で波乱の試合に終止符

 延長10回、サヨナラ打を放ちバットを掲げる広島・バティスタ
2枚

 「広島3-2巨人」(4日、マツダスタジアム)

 広島が今季3度目のサヨナラ勝ち。3連勝で、借金1とした。

 試合を決めたのは、3番のバティスタだった。十回、1死から野間が右前打で出塁し、菊池涼が犠打でお膳立て。2死二塁でバティスタが右腕・野上のスライダーを左翼線へはじき返し、劇的勝利を呼び込んだ。

 カープファンで埋まったマツダスタジアムはお祭り騒ぎ。お立ち台のヒーローは「いい感触で、いいコースに打てました」と満面の笑みを浮かべた。この日は先制弾を含む3安打2打点。打撃の状態も確実に上がっており、「練習から一生懸命やっています。それが試合で出ています」とうなずいた。

 初回に緒方監督が退場となる波乱の幕開けとなったが、チーム一丸での3連勝。大歓声を受けた助っ人は「みなさん、温かい応援ありがとうございます!」と感謝した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス