文字サイズ

野村、オープン戦ラストは5回3失点 開幕に向け「しっかりとやりたい」

2回ヤクルト2死、ヤクルト・塩見泰隆の打球をはじくも、投ゴロにする広島・野村祐輔=神宮(撮影・金田祐二)
2枚

 「オープン戦、ヤクルト-広島」(19日、神宮球場)

 広島の野村祐輔投手は5回6安打3失点でオープン戦最後となる登板を終えた。

 初回、青木とバレンティンに本塁打を浴びて3失点したが、二回以降は得点を許さなかった。四回以降は本来の姿を取り戻しいずれの回も3人斬り。詰まらせたりバットを折ったりする投球だった。

 「初回は全部、捉えられたヒットやホームランだった。でも四、五回はある程度の形になった。修正できたと思う」

 開幕2カード目の初戦となる4月2日の中日戦が、自身にとって今季の初登板になりそうだ。「しっかりとやりたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス