文字サイズ

小園が初の三塁ノック「任されたところで全力でやりたい」

 サードでノックを受ける小園(撮影・飯室逸平)
3枚

 広島ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=が15日、マツダスタジアムでの練習に参加し、初めて三塁ノックを受けた。小園は遊撃との違いについて「(捕球の際、グラブを)下から入らないといけない」と語り「足の使い方はショートにも生きてくると思う。任されたところを全力でやりたい」と前向きに取り組んだ。

 開幕1軍を目標に掲げるだけに「まず試合に出られるように。1つの引き出しになると思います」と話した。

 見守った高ヘッドコーチは「基本はショート」と強調した上で、「(試合では)今のところはないけど、これからショート一本だけというのもね。レギュラーを取ったら別だけど。スローイングの意味を込めて。違う角度から練習するということ」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス