文字サイズ

ドラ1小園が沖縄2次キャンプへ 高卒野手の1軍帯同は27年ぶり

7回、小園は二塁ゴロに倒れるも、全力で一塁を目指す(撮影・山口登)
3枚

 「広島春季キャンプ」(11日、日南)

 ドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)が、15日からの沖縄2次キャンプに帯同することが決まった。

 この日、今キャンプ初の紅白戦では紅組の「7番・遊撃」でスタメン出場。二回1死は見逃し三振。五回は中飛、七回は二ゴロに倒れ3打数無安打に終わった。

 それでも初日から走攻守で順調に成長していることが評価された。高ヘッドコーチは「高卒1年目としては十分。沖縄へ連れて行く予定になっている。もう少し1軍の試合を経験させたい」と話した。沖縄では練習試合とオープン戦が計6試合予定されている。

 球団では、高卒野手が春季キャンプを1軍でスタートさせるのは、92年の徳本政敬以来、27年ぶりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス