文字サイズ

矢崎は2回完全投球 最速も148キロと仕上がり上々「手応えになる」

紅白戦で力投する矢崎(撮影・山口登)
1枚拡大

 「広島紅白戦、紅組0-7白組」(11日、天福球場)

 白組の2番手で登板した矢崎拓也投手が、存在感を示した。2回を打者6人、パーフェクトに抑えた。

 三回、先頭の野間を二ゴロ。菊池涼を右飛に打ち取ると長野も中飛に仕留め、四回は松山、下水流、堂林を直球で押しねじ伏せた。15球中で変化球は、野間への1球のみで、最速は148キロを計測した。

 好投の矢崎は、「ストレートの制球が課題で、低めに投げられるようにと意識していた。ストライクゾーンの中である程度勝負できたのは良かった。抑えられたので手応えになると思う。今年は少しでもチームの勝利に貢献したい気持ちが1番。戦力になれるように頑張りたい」と投球を振り返った。

 【紅白戦登板投手の最速】

矢崎  148キロ

床田  140キロ

中村祐 138キロ

藤井皓 140キロ

山口  145キロ

薮田  142キロ

平岡  143キロ

アドゥワ138キロ

塹江  141キロ

遠藤  143キロ

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス