文字サイズ

ドラ4中神、ドラ1小園と二遊間タッグでタナキクになる

 仮契約を終え、ガッツポーズを見せる市岐阜商・中神(撮影・山口登)
1枚拡大

 広島からドラフト4位で指名された中神拓都内野手(18)=市岐阜商=が21日、岐阜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約した。高校時代は投手も経験したがプロでは遊撃一本で勝負する。守備位置がかぶるドラフト1位・小園と将来的に二遊間を組み、自身が遊撃として2人でゴールデン・グラブ賞を獲得することに意欲を示した。

 仮契約を終えると、緊張感から解き放たれた中神は気持ちを新たにした。「責任と自覚を持ってやっていかないといけない。自分が引退するまで一番目立っていられるようにやっていきたい」。遊撃手として臨むプロの世界。目指すは世代ナンバーワンだ。

 今年は中日のドラフト1位・根尾ら高校生内野手に金の卵がそろう。同僚となるドラ1・小園とはポジションがかぶるが、負けるつもりはない。その上で将来「二遊間を組むこともイメージしてます。(今年受賞した)田中選手、菊池選手みたいに2人でゴールデングラブ賞も実現できることだと思う。しっかり高い意識を持ってやっていきたい」と壮大な青写真を描いた。

 二遊間タッグを組んだ際の遊撃は「自分です」とニヤリ。実現するためにも持ち味の強肩を生かしていくつもりだ。「うまい選手は深く守っていて、横にも前にも動ける。深い守備位置で捕れるように、練習していくしかない」と力を込めた。

 担当の松本スカウトも「キク(菊池)と広輔(田中)から吸収してやってもらえたら」と期待を込めた。50メートル走5秒9、高校通算46本塁打と走攻守に魅力を持つ中神。可能性を十分に秘める18歳は目をギラつかせ、プロの門をたたく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス