文字サイズ

丸「何でも貢献できれば」待望の初安打で追加点を呼び込む

 「日本シリーズ・第2戦、広島5-1ソフトバンク」(28日、マツダスタジアム)

 広島・丸が今シリーズ初安打で勝利に貢献した。

 見せ場は五回1死一塁。相手先発・バンデンハークが投じた初球に反応した。内角高めの直球を捉えた打球は右翼線への二塁打。直後、鈴木の2点タイムリーへつなげる一打となった。

 三回無死二、三塁からは左犠飛を放ち打点もマーク。3番としての役割をしっかりと担い「今の打順を任されているということはチームの得点に絡んでくる。ファーボールでも何でも貢献できれば」と胸を張った。

 第1戦は両チーム共、投手陣が見事な継投を見せて延長12回ドロー。そして、この日は打線の主軸が機能しての快勝となり、丸は「2試合とも締まった試合ができた」と充実感を漂わせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス