文字サイズ

フランスアが自己最速157キロ「良かったよ」1回無安打無失点

8回1イニングを無失点に抑えた広島・フランスア=神宮球場(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「ヤクルト3-6広島」(31日、神宮球場)

 広島のヘロニモ・フランスア投手が157キロを計測し、自己最速を更新した。

 八回から登板。先頭のバレンティンをフルカウントから空振り三振に斬った1球が、それだ。これまでの自己最速は154キロ。3キロ更新し「良かったよ」と目尻を下げた。

 ドミニカ共和国カープアカデミー出身。練習生から育成選手契約を結び、今季途中に支配下登録を勝ち取った。後半戦は評価を上げ、勝ちパターンでの登板が増えている。この日も1回無安打無失点と完ぺき救援。「あしたも頑張りたい」と言い、球場を真っ赤に染めた鯉党の声援に手を振って応えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス