文字サイズ

広島・鈴木球団本部長、美間と曽根のトレード理由明かす「二遊間に何かあった時のため」

球場を訪れ報道陣に心境を語る広島・美間優槻=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚

 広島・鈴木清明球団本部長が22日、美間とソフトバンク・曽根のトレードの狙いを明かした。

 「二遊間に何かあった時のため。(曽根は)守備はどこでも守れる。高校時代にキャッチャーもやっていたし、外野もできる。肩、足、守備を備えた選手。代走、守備固めとして。打撃はファームで作っていく」と説明した。

 チーム全体を見渡して「足と肩が全体的に落ちている部分がある。これから先を見たときに、そういう選手が必要」とした。

 美間については「将来的にサードをやってもらいたいと思っていたが、西川、安部がいる中でなかなか打席をもらえない。1つのチャンスかもしれない」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス