文字サイズ

新外国人カンポス、1回を3者三振 外国人枠争いへ猛アピール

7回、ヤクルト打線を三者連続三振に斬る圧巻の力投を見せた広島・カンポス
3枚

 「オープン戦、広島3-3ヤクルト」(11日、福山市民球場)

 広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(前ブルージェイズ)が1回を投げ、3者連続三振と完ぺきな投球をみせた。

 七回から登板すると古賀、大松、荒木を料理。決め球はいずれも伝家の宝刀スライダーだった。昨季はブルージェイズで13試合に登板し、奪三振率9・9と高い数字を残した。「僕のスライダーは斜めに落ちるのではなく、真っすぐ縦に落ちるんだ。きょうは素晴らしい結果になった。効果的に三振が奪えた」

 来日から1カ月が経過し、米国より柔らかいとされる日本のマウンドにしっかりと対応してきた成果を示した。

 外国人枠は4。野手2投手2が基本線で、投手はジョンソンが決定的な状況だ。ジャクソンと残り1枠を争う。結果を出し続け、開幕1軍をつかみ取る構えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス