文字サイズ

広陵・中村は地元広島が交渉権獲得 緒方監督「うちにぴったりの選手」

ジェット風船を打ち上げ、仲間から祝福される広陵・中村(中央)
会見する広陵・中村(左)と中井監督
中村のくじを引きを引き当てた広島・緒方孝市監督(右)=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、グランドプリンスホテル新高輪)

 広陵・中村奨成捕手は、地元広島が交渉権を獲得した、地元の広島と中日の2球団が1位で競合し、緒方孝市監督が抽選で交渉権を獲得した。

 緒方監督は「ほっとしました。素材的には一級品の選手だと思う。甲子園の活躍は記憶に新しい。厳しく育てる球団といっているんで、うちにぴったりの選手。早く会いたい」と話した。

 中村は、今夏の甲子園で清原和博(PL学園)のもつ1大会個人最多本塁打記録を更新する6本塁打を放つなど数々の記録を作り、一躍注目を集めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス