文字サイズ

ファーム日本選手権 広島ルーキー坂倉が勝ち越し3ラン

7回広島1死一・二塁、広島・坂倉将吾は右越えに勝ち越し3ランを放つ=サンマリンスタジアム宮崎(撮影・山口登)
1枚拡大

 「ファーム日本選手権、巨人-広島」(7日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

 広島先発のルーキー高橋昂が6回2失点と粘投した。巨人打線を相手に3回までパーフェクト投球。四回、山本に左中間へ適時二塁打を浴び、六回には岡本に左中間へ本塁打を運ばれたが、同じくルーキーの捕手・坂倉とコンビでしっかりと試合を作った。

 巨人先発・今村の前に無得点に抑えられていた広島打線が七回、ようやく反撃。2番手・高木を攻め、小窪、美間の連続適時打で同点に追いつくと、さらに1死一、二塁の好機に3番手・森福から坂倉が右翼席へ勝ち越し3ランを放った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス