文字サイズ

九里 プロ初2桁星へ王手 1週間でバンザ~イ!3勝「役割果たすだけ」

 4回、倉本の打球にグラブを出す九里(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島12-4DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 役割を問わず、フル回転してきたご褒美だ。広島2番手の九里亜蓮投手が1点を奪われながら、2回を最少失点に抑えて9勝目。1週間で3勝をマークし、初の10勝に王手をかけた。

 「与えられたところで自分のボールを投げることが一番。野手の方が打ってくださるから勝ちが付いている。野手の方に感謝です」

 試合後は控えめに話したが、またしてもチームの危機を救った。先発の中村祐が3回3失点で早期降板。だが、緊急登板は慣れたもの。四回こそ不運な安打が重なって1点を失ったが、五回は3人でピシャリ。DeNAに傾きそうな流れを引き戻した。

 勝負の9月。勝利の女神が鉄腕にほほ笑んでいる。7日・阪神戦(マツダ)、9日・中日戦(ナゴヤドーム)もビハインドの展開で登板して白星をゲット。テンポいい投球が逆転劇を呼んでいる。今季は開幕ローテ入りし、チーム事情から中継ぎに配置転換。一時、先発に戻ったが、再びリリーフを任されている。目まぐるしく持ち場が変わっても、1球にかける思いは不変だ。

 「言われたところで自分の役割を果たすだけです。引き続きしっかりやっていきたい」

 苦しい時こそ頼りになる。歓喜のフィナーレまで、熱く腕を振り続ける。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス