文字サイズ

あっ!名手・菊池がまさかの適時失策…同点に

4回、日本ハム・大野の打球を後逸する広島・菊池
1枚拡大

 「日本シリーズ・第2戦、広島-日本ハム」(23日、マツダスタジアム)

 広島の二塁を守る名手・菊池涼介にまさかの適時失策が出て同点に追いつかれた。

 1点をリードして迎えた四回、2死一、二塁の場面だった。バットが折れた大野の遅い打球は菊池の前でバウンドした。前に出て処理すべきか、下がって取るべきか一瞬の迷いが出た菊池のグラブをはじいて、ボールは後方へ。その間に二塁走者の中田が本塁を踏んだ。

 菊池といえば守備範囲の広さと華麗なグラブさばきで、数え切れないほどの好守を披露し、チームを救ってきた。大舞台で、上手の手から水が漏れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス