文字サイズ

新井、エルドの適時打で2点を先制

1回広島2死一、三塁、右線に適時二塁打を放つ広島 ブラッド・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
2枚

 「交流戦、広島-日本ハム」(4日、マツダ)

 広島が初回、新井とエルドレッドの適時打で2点を先制した。

 日本ハム・上沢の立ち上がりを攻めた。先頭・田中の右線二塁打を皮切りに1死一、三塁とし、新井が左前適時打を放った。

 続くシアーホルツが一ゴロに倒れ2死一、三塁となったが、エルドレッドが追い込まれながら流し打ち、右線に適時二塁打をマーク。先発の野村を援護した。

 新井は「打ったのはスライダーかな?とにかく先制点を、と思って打席に入りました」とコメント。エルドレッドは「打ったのはストレート。2アウトで、追い込まれていたが、コースに逆らわない良い打撃ができたよ」と談話を寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス