文字サイズ

前田智の背番1後継は“有資格者なし”

 広島の前田智徳外野手(42)=打撃コーチ補佐兼任=が27日、今季限りでの現役引退を表明した。背番号「1」は「球団預かり」(松田オーナー)となり、来季は空き番となる見込みだ。

 前田智ですら「歴代の先輩から譲り受け、失礼のないようにやってきた。ケガばっかりの野球人生だったので、背番号に似合ってないと思い、申し訳なかった」と話す。前任者は白石勝巳、古葉竹織、大下剛史、山崎隆造ら、チームの歴史に名を刻んだ選手ばかりだ。

 今季は丸を筆頭に菊池、松山らが成長。しかし前田智は「これからどのような選手がつけるか分かりませんが、現時点では見当たらない。ちょっと、この背番号は休ませてほしいと思います」と、“有資格者なし”を断言した。

関連ニュース

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス