文字サイズ

【セ・パ順位予想】谷佳知氏 延長12回制復活で救援陣厚い巨人リード パは混戦予想

 25日にプロ野球が開幕し、阪神は京セラドーム大阪でヤクルトと対戦する。ペナントレース開幕を前に、デイリースポーツ評論家が順位を予想。昨季、阪神は12球団最多となる77勝を挙げながらも、勝率差で2位に敗れた。雪辱を果たし、17年ぶりのリーグ優勝はなるか。パ・リーグは若い力が躍動するオリックスが連覇を果たすのか。プロの眼による予想を、とくとご覧あれ。

  ◇  ◇

 延長12回制に戻る今季は、リリーフ陣の重要度が増す。終盤の競り合いでいかに星を拾っていけるか。厚みのある陣容をつくることが、優勝の絶対条件になる。

 セの本命に挙げた巨人は中川が腰痛で出遅れているが、ドラフト1位・大勢が戦力になりそうで左右のバランスも悪くない。ヤクルトは昨季の日本一を支えたリリーフ陣が健在。阪神は絶対的な守護神スアレスの穴をどこまで埋められるか。

 投打のバランスという点から見ても、この3チームが中心のペナントレースになるだろう。

 パは混戦が予想されるが、昨季優勝のオリックスとソフトバンクはリリーフだけではなく、先発も駒がそろっている。攻撃力が高いロッテ、先発陣が充実している楽天にもチャンスがある。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス