文字サイズ

【セ・パ順位予想】岡義朗氏 阪神は未知数 巨人&DeNAを上位予想

 25日にプロ野球が開幕し、阪神は京セラドーム大阪でヤクルトと対戦する。ペナントレース開幕を前に、デイリースポーツ評論家が順位を予想。昨季、阪神は12球団最多となる77勝を挙げながらも、勝率差で2位に敗れた。雪辱を果たし、17年ぶりのリーグ優勝はなるか。パ・リーグは若い力が躍動するオリックスが連覇を果たすのか。プロの眼による予想を、とくとご覧あれ。

  ◇  ◇

 阪神に関して言えば、ペナントを勝ち抜く確かな力はあると思う。ただオープン戦までで若干の不安要素が消せていないのが気がかりだ。

 具体的にはスアレスが抜けたリリーフ陣をどうするか。また先発陣にしてもしっかりとゲームを作れるのは青柳、秋山の2人。戦力的にハッキリとしないところが多いだけに2位という予想になったが、未知数の部分が結果を残していけば、逆にチームは勢いに乗っていけると思う。

 ペナントレースを制するためにはある程度、打力も必要なだけに、巨人とDeNAが上位に来る。広島に関してはやはり、鈴木誠が抜けた穴は大きいと見る。パ・リーグに関しては、オリックスの若い野手陣が抜けている印象。投手陣も戦力が整っている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス