文字サイズ

花巻東・佐々木麟太郎、1年生で48号 鮮烈全国デビュー!初打席で先制弾

 「明治神宮大会・高校の部1回戦、花巻東6-3国学院久我山」(20日、神宮球場)

 神宮大会初出場の花巻東が国学院久我山に逆転勝ちを収め、準々決勝に駒を進めた。勝利の立役者となったのは、佐々木洋監督(46)の長男・麟太郎内野手(1年)。「3番・一塁」で出場すると、初打席でいきなり先制ソロアーチを放ち衝撃の全国大会デビュー。大谷翔平や菊池雄星を輩出した花巻東からまた1人、とんでもない怪物が誕生した。

 花巻東の怪物スラッガー・佐々木麟太郎がいきなり高校通算48号目となる弾丸ライナーを右翼席にたたき込み、鮮烈な全国デビューを飾った。

 「何とか自分の打撃で先制点をつかめたらと思って打席に入ったので、いい形で先制できてよかったです」

 初回2死でまわってきた注目の第1打席。2球目の132キロ直球をファーストスイングで完璧に捉えた。さらに、三回と七回には同点に追いつく犠飛を放ってチーム最多の3打点。“神宮初勝利”に貢献し、父・佐々木監督も「佐々木が流れをつかむ先制打をよく打ってくれた」と目を細めた。

 現在、高校通算48本塁打。歴代最多とされる111本を放った早実・清宮幸太郎(現日本ハム)ですら1年時は22本だったが、佐々木は2倍以上のスピードで本塁打を量産している。ネット裏で視察した中日・米村チーフスカウトは「毎打席いい形で捉えてたし、1打席目から打てるのはセンスがあるんだね。3年夏くらいには清宮を抜くんじゃない?」と絶賛。早くも、2年後の目玉候補に名乗りを上げた。

 だが、決して万全ではなかった。秋季東北大会後、左足すねの疲労骨折が発覚。鎮痛剤を飲みながら練習し、この日も痛みをこらえての強行出場。それでも、「花巻東の3番を打たせてもらってる責任がある。チームのために自分が点を重ねてやるという気持ちだけだった」と1年生らしからぬ覚悟で結果を残した。

 中学時代は、大谷翔平の父・徹氏が監督を務める「金ケ崎リトルシニア」に所属。先輩・大谷を育てた指導を受けたことが、花巻東に入るきっかけにもなった。また、中3時には抽選に当選し、元巨人・高橋由伸氏からリモートでスイングの軌道や打席への臨み方を教わった経験も。偉大な人物たちの“成功メソッド”が麟太郎の中には入っている。

 「もっとチームのためになる打撃をしていきたい」と意気込んだ主砲。怪物1年生の成長はとどまることを知らない。

 ◆佐々木 麟太郎(ささき・りんたろう)2005年4月18日生まれ、16歳。岩手県出身。184センチ、113キロ。右投げ左打ち、内野手。幼少期から野球を始め、小1から江釣子ジュニアスポーツ少年団に所属。江釣子中時代は金ケ崎リトルシニアでプレーした。花巻東では1年春からベンチ入り。高校通算48本塁打。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス