文字サイズ

新庄監督【一問一答まとめ】「優勝なんか目指さない」「僕は野球が好きなんだ」

 日本ハムへの思いを語る新庄剛志新監督=札幌市内のホテル(撮影・堀内翔)
日本ハムへの思いを語る新庄剛志新監督=北海道・札幌市内のホテル(撮影・堀内翔)
 手を合わせて会場を後にする日本ハム・新庄剛志新監督=札幌市内のホテル(撮影・堀内翔)
3枚

 日本ハムの新庄剛志監督が(49)が4日、北海道札幌市内で就任会見を行った。ワインレッドのスーツに大きな襟を立てた白いシャツ、口元にうっすらとヒゲをたくわえ、サングラスをかけて会場入りした。

 主な一問一答は以下の通り。

 (会見冒頭)

 「22人目の監督に選ばれ、非常にうれしい。選手兼監督という形で契約を結ばせてもらいました」(隣の川村社長からツッコミを受け)「そうでした。これからは顔を変えずチームを変えていきます」

 -球団からは勝利、ファンサービスを求められている。

 「優勝なんか一切目指しません。高い目標を持ちすぎると、うまくいかない。1日1日地味な練習をする。そして9月になって優勝争いをしていたら、そこの気合の入りかたは違ってくる。優勝なんか目指しません」

 -オファーを受けて、相談は。

 「相談するタイプじゃない。相談するのは自分自身。(受けると決めたのは)1秒、1秒。やります!お願いします、と」

 -名刺のビッグ・ボスの意味は。

 「監督ってみなさん言わないで。ビッグ・ボスでお願いします。バリ島の方でビッグ・ボスと呼ばれていたので」

 -トライアウトから野球に接近。

 「もちろん選手にもなりたかった。最終的な目標はここだった。僕は野球が好きなんだから」

 -プロ野球の印象。

 「コロナという時代で、ちょっと暗かったような印象はありますね。僕が帰ってきたからにはコロナはなくなり、球場は満員になります」

 -どうチームを変えていくか。

 「まずは顔を変えていこうかな。(社長に)いいですか?メンタル的なものに関しては引き出す力が自分にある。メンタル的な部分を鍛えながら。チームにピッチャー3人、野手4人のタレントを作り上げていけば。そのときはもう強くなっていると思うので」

 -再建プランは?

 「よその球団にパクられたくないから言いたくないんだけど、天井から降りたいな、選手も一緒に降りたい」

 -SNSについて。

 「本当は今の時代、SNSはものすごく大事。できたら試合中にインスタライブとかさせてもらったら最高かな。そのへんは話し合いを詰めていきます」

 -代打・オレは?

 「あと一回、トライアウトを受けるチャンスがあるので。それは今考えています。そこで監督の僕があの選手いいやん、とったろうかなというのは頭の中にあります。あとは球団と相談したい」

 -新庄流のスローガンは。

 「夢はでっかく、根は太く。土台をしっかり作って、夢に向かって突き進んでいきたい」

 -背番号は。

 「僕のイメージってやっぱり1番じゃないですか。やっぱり主役は選手。スター候補を僕が育てて、その子に1番をつけてあげたい。それまでは(手を挙げながら)僕がつけまーす。目立ちたいので。ありがとうございまーす」

 -監督としての夢。

 「世界一の球団、世界一のチームにしたいです。そのためには全国のファンの力は大事であって」

 -プロ野球をどう変えたい

 「まずは作戦面、こういう野球でヒットを打たなくても点は取れるんだぞ。作戦面での面白さ。他の球団にマネされるような感じには考えている。早く選手と会って話をしていきたい」

 -ノムさんからの継承は

 「実は野村監督とは野球の話をしたことがない。(モノマネ)『洋服は何がいい?』『ベルサーチいいですよ』『ベルサーチって何や』。僕の個性というかアイデアを優先して、プラスいろんな監督のいいところ、吉村さんの考えをミックスして」

 -監督としての明言の続きは

 「これからはセ・リーグではない。パ・リーグでもない。メジャーでもない。これからは新庄剛志です。それしか浮かばない。普通に会話したことが明言になっちゃうので。これからどんどん出てくると思います。期待しておいてください」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス