文字サイズ

1球だけの引退試合 オリックス・西浦が守備位置で涙「いろいろ思い出して…」

9回、花束を手にするオリックス・西浦(撮影・北村雅宏)
9回、オリックス・西村(左)から花束を受け取るオリックス・西浦(撮影・北村雅宏)
9回、小林2軍監督(左)と握手を交わす西浦(撮影・北村雅宏)
3枚

 「ウエスタン、オリックス2-6広島」(28日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

 昨年11月に厚生労働省の特定疾患に指定される「両側特発性大腿骨頭壊死症」を発症し、24日に現役引退を発表したオリックス・西浦颯大外野手(22)の引退試合が行われた。

 スタンドに家族や友人、多くのファンが駆けつける前で、九回の守備から出場。自身の登場曲が流れる中、ゆっくりと歩いて中堅の守備位置に就いた。守った時間はわずか1球の間だったが、現役最後の勇姿をグラウンドで見せた。

 「ギリギリまで今日は泣かないだろうと思っていたけど、守備に就いたら色々思い出しちゃって。自分がしてきたファインプレーとかよみがえって、泣いちゃいました」。中堅を守る西浦の姿を、スタンドのファンも目に涙を浮かべながら焼き付けた。

 試合後は、スタンドを向いて並ぶナインの列から一歩前に出て、「ありがとうございました!」と一礼。温かい拍手に包まれて、4年間の現役生活に幕を閉じた。

 26日の1軍の楽天戦では、試合前の円陣に背番号00のユニフォームを着用して参加し「優勝してください!」とナインを鼓舞した。「朝に『今からこいよ』って中嶋監督から電話がかかってきて、休みだったんですけど笑」と舞台裏を明かし、「優勝してもらわないと困るので、そこは頑張ってほしいです」と再びV争いを戦うチームにエールを送った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス