文字サイズ

中京大中京・畔柳の夏に幕「プロでやりたい」1年先輩の中日ドラ1高橋宏を追う

 「高校野球愛知大会・準決勝、愛工大名電3-1中京大中京」(29日、岡崎市民球場)

 全力で投げ、力尽きた。「忘れ物を取りに行く」と春夏連続出場、全国制覇を狙った中京大中京・畔柳亨丞投手(3年)の夏は準決勝で幕を閉じた。「苦しい展開だった」。その表情に涙はなく、高校生活最後の試合を振り返った。

 同点で迎えた五回の投球練習中に、両足がつるアクシデント。制球が乱れ、140キロ台中盤だった直球も前半まで落ちた。それでも懸命に踏ん張ったが、八回無死満塁から適時打とスクイズで2点を失い万事休す。「情けない姿をさらしてしまった」と悔やんだ。

 この日はプロ10球団のスカウトが視察。今後については「プロでやりたい気持ちがある」と明かした。1年先輩の中日ドラフト1位・高橋宏を「これから先も追い掛けていく」。豪腕ストーリーは次の舞台で続く。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス