文字サイズ

中京大中京・畔柳&東海大相模・石田が競演、12球団30人スカウトにアピール

東海大相模戦に先発し、3回無失点に抑えた中京大中京・畔柳
中京大中京戦に先発し、3回無失点だった東海大相模・石田
2枚

 「愛知県高野連招待試合、東海大相模3-1中京大中京」(13日、岡崎市民球場)

 今秋ドラフト候補に挙がる高校屈指の好投手が競演した。東海大相模のエース左腕・石田隼都投手(3年)と中京大中京の最速151キロ右腕・畔柳亨丞(きょうすけ)投手(3年)がそろって先発。ともに3回無失点に抑え、バックネット裏に集まった12球団30人のスカウト陣にアピールした。

 先にマウンドへ上がった畔柳がいきなり沸かせた。「自分の中でどれだけストレートが通用するのか」をテーマに掲げ、初回から球場表示で自己最速にあと1キロと迫る150キロを2球計測。無安打で3三振を奪うなど今春センバツでアクシデントの影響から降板した不安を払しょくする投球に、視察したロッテ・榎チーフスカウトも「もともと力強いストレートを投げられる。いいものを見させてもらえました」と評価した。

 対する石田もセットポジションからテンポの速い投球でほんろうし、打者10人を被安打1、わずか29球で料理した。センバツ後は公式戦登板機会が少なかったが、その間に球のキレを追求。「いい場面で使えないと変化球を持っているとは言えない」と、ピンチで全球種を投げ込める自信と精度を求めてきた。

 畔柳の大台に乗る速球に「すごいなという気持ちはあった」と石田。畔柳もセンバツV投手が登板ということで、「自分も先発で行きたい」という思いを抱きながらのマウンドだった。春の聖地では実現しなかった対決。ともに刺激し合い、夏の戦いに向けて弾みをつけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス