文字サイズ

巨人 原監督の“奇策”で一時騒然 やり取りを審判が説明「最初は断ったんです」

7回、北條の時、原監督(左から2人目)は主審に投手交代を告げる(撮影・山口登)
巨人・高橋と勝利のハイタッチを交わす原監督(撮影・飯室逸平)
7回途中から登板する鍵谷(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神1-2巨人」(20日、甲子園球場)

 巨人・原監督が七回、打席途中に投手を交代する“奇策”を繰り出し、交代のタイミングを巡って審判と状況を確認する一幕があった。

 巨人1点リードの七回の守り。2死一塁で高梨が近本に死球を与えた。ここで、巨人ベンチから桑田コーチが出てマウンドへ。一声かけた後でベンチへ戻り、高梨は続投となった。そして、打席には中野の代打・北條が送られた。

 高梨がカウント2-2と追い込んだところで、原監督がベンチを出て審判に何かを確認。球場が一時騒然となる中、審判が集まって協議後、再び原監督がベンチを出て交代を告げた。

 試合後、一連のやり取りを責任審判の丹波二塁塁審が説明。投手コーチがマウンドに行った場合、同一打者の時はピッチャーは代えられないことから、「最初マウンドに桑田コーチが行ったのが打者・北條の時と思って、最初(交代を球審が)断ったんです」という。

 だが、桑田コーチが1度目のマウンドに行ったのは代打北條が告げられる前の、中野の段階だったと審判同士で確認。「実際は打者・中野の状態の時に桑田コーチが(マウンドに)行っているんで。その場合は代打で(打者が)代わっているんで、同一打者に当たらないんで、代えられるんですね」として、交代を認めたという。

 結局、交代した鍵谷は1球で北條を空振り三振に仕留めてピンチを脱した。原監督は「鍵谷がよく抑えてくれたということですね」と語り、審判には状況を確認したのか問われると「そうですね。まあ、問題はないと思いますね」と語るにとどめた。

 打席途中での継投は昨季も9月7日の阪神戦(甲子園)などでもみせた“奇策”。甲子園では昨季、野手の増田大を登板させるなど、大胆な采配が目立っている。

 【公認野球規則】5・10 監督・コーチがマウンドに行ける回数(3)監督またはコーチは、そのときの打者が打撃を続けている限り、再びその投手のもとへ行くことはできない。(4)攻撃側がその打者に代打者を出した場合には、監督またはコーチは再びその投手のもとへ行ってもよいが、その投手は試合から退かなければならない。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス