文字サイズ

大阪桐蔭が近畿大会優勝 藤原1号が人生初劇弾“三度目の正直”智弁学園撃破

 「春季高校野球近畿大会・決勝、大阪桐蔭4-2智弁学園」(30日、皇子山球場)

 大阪桐蔭が昨秋の近畿大会、今春のセンバツで敗れた智弁学園(奈良)を“三度目の正直”で下し、3年ぶり6度目の優勝を決めた。

 頂上対決にふさわしい一戦だった。両者一歩も譲らず、2-2で迎えた延長十回。1死一塁で、2番・藤原夏輝内野手(3年)が内角直球を右翼席に放り込んだ。公式戦初アーチは、人生初の劇的なサヨナラ2ラン。「打った瞬間は覚えてませんがホッとした」と笑みを浮かべた。

 1年夏に左打ちから両打ちに切り替え、誰よりも長く、多くバットを振り込んできた。西谷浩一監督(51)も「藤原が打つと打線がつながる」と目を細めた。「目標は日本一なので」とすぐさま夏を見据えた藤原。この春はまだ通過点だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス