文字サイズ

ほほ笑ましい珍光景に拍手 巨人・梶谷が走塁断念、DeNA・エスコバーと笑顔でタッチ

7回、梶谷(右)の投ゴロを処理し、タッチするエスコバー(撮影・伊藤笙子)
7回、梶谷(右)の投ゴロを処理し、タッチするエスコバー(撮影・伊藤笙子)
2枚

 「DeNA-巨人」(11日、横浜スタジアム)

 巨人・梶谷とDeNA・エスコバーが、インプレー中にタッチし合うという珍しい場面があった。

 七回、2死走者なしの場面。この回からマウンドに上がったエスコバーに対し、梶谷の放った打球は左腕のグラブにゴロで収まった。

 マウンドを降りて走ってタッチにいったエスコバーに対し、梶谷はあきらめて笑顔。本塁と一塁のちょうど真ん中で立ち止まり、互いに手を差し出してタッチを交わした。エスコバーに優しくグラブでもタッチされてアウトとなった梶谷は、エスコバーに合図を送り、ともにベンチへ戻った。

 昨季までのチームメートのほほえましい光景に、スタンドからは拍手も起こった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス