文字サイズ

天理が奈良大会4強 先発の左腕・森田が公式戦初完投、9回3失点

 「春季高校野球奈良大会・準々決勝、天理5-3郡山」(8日、佐藤薬品スタジアム)

 天理が郡山を下し、夏のシード権を獲得した。先発した左腕・森田雄斗投手(3年)が9回3失点の力投を見せ、公式戦初完投を遂げた。

 六回まで相手打線はわずか3安打。力感のない、しなやかなフォームから直球と変化球を織り交ぜ、テンポ良くアウトを重ねた。「自分の力不足でしかない」と七回の3失点を悔やんだが、八、九回はさらにもう一段階ギアを上げ反撃を許さなかった。

 米大リーグ・ロイヤルズの大屋博行スカウトも「元巨人の藤岡貴裕のようなタイプ」と評価した。

 「しんどかった」と、完投劇を振り返りながらもうれしそうな笑顔を見せた森田。チーム内には今秋ドラフト候補の達孝太投手(3年)がいるが「負けないように、追い越せるようにと思ってやっている」とここからの飛躍を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス