文字サイズ

「アニキ頼みます!」大商大の主将・福本が期待に応える決勝打 伊原も11Kの熱投

 「関西六大学野球、大商大3-1大経大」(24日、ほっともっとフィールド神戸)

 大商大が延長戦を制し、先勝した。

 無観客試合前の1戦は春の暖かい日差しの下、白熱した戦いが繰り広げられた。試合を決めたのは頼れる主将の一打だ。

 1-1の同点で迎えた延長十回。相手の失策から流れをつかみ、1死満塁と待望の勝ち越しの好機を作る。「アニキ頼みます!」と声援が送られる中、打席に向かったのは、今秋ドラフト候補で主将の福元悠真外野手(4年・智弁学園)。それまで4打数無安打となかなか調子は上がらなかった。しかし、主将は意地を見せた。

 「どこに飛んだかもわからなかった」と振り返るほど、体勢を崩されながら必死に食らいついた打球は、三遊間を抜ける決勝左前適時打。「こういう戦いが勝ちにつながってよかった」と、主将はチームの勝利を笑顔で振り返った。「アニキ」と慕われる主将の執念の一打で、チームはリーグ優勝に向けてさらに勢いをつけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス