文字サイズ

人生を変えたドラフト会議 予想外の全体1位指名、今は政治家と母校コーチの二刀流

母校で指導する福井保夫さん(左)
1枚拡大

 今年も「ドラフト会議」が近づいてきた。社会問題に発展した“江川事件”や巨人にフラれた清原和博の涙…幾多のドラマを生んだ運命の1日。44年前、近鉄から予想外の1位指名を受け、人生が激変したのが福井保夫さん(65)だった。

 「私も、あの日を境に運命が変わった1人かもしれません。いろんな事情が絡んだでしょうが、まさかの1位。確か11月19日ですよ」

 1974年のドラフト会議。当時は予備抽選が行われており、近鉄は全球団が欲しがる「いの一番」くじを引き当てていた。つまり“全体1位指名”。これ以上ない名誉だが、福井さんにとっては理不尽でもあった。

 この年のドラフトは制度の見直しがあり、契約金の上限が外されていた。高校生ではアイドル的人気を誇った鹿実・定岡正二を筆頭に、銚子商・土屋正勝、横浜・永川英植、土浦日大・工藤一彦がビッグ4を形成。そして何より松下電器(現パナソニック)のチームメートに、剛球右腕で断然1位候補の山口高志がいた。 「私はプロ志望ではあったんですが、どの球団が来ているのか、会社で止まっていて、私には知らされていなかった。山口さんはプロに行かないという話もあったし、契約金も高くなるだろう。それに高校生の有力どころはパ・リーグはダメという状況もあった」

 当時の松下電器には、山口以外にも後にロッテ、阪神で活躍する左腕・福間納がいた。福井さんは制球力とスライダーを武器に投手王国の一角を担っていたが、飛び抜けた存在ではない。ドラフト当日も大阪府門真市にあるラジオ事業部で普段通り従事。そんな中、思わぬ一報が入った。

 「福井保夫、投手、松下電器」。司会のパンチョ伊東さんが独特の声と名調子で真っ先に名前を読み上げた。周囲が騒然となったのは言うまでもない。

 「そりゃ、驚きましたよ。監督からはすぐに本社に来いと。電話が殺到していたのも覚えてます」。運命が変わった瞬間だった。

 契約金2000万円、年俸240万円。1年目の75年、ロッテ戦で初勝利を挙げた。81年に中継ぎとして自身最多18試合に登板も右ひざの故障が響き、以降は登板なし。83年オフにトレードで森脇浩司(現中日1軍野手チーフコーチ)とともに広島へ移籍し、翌年に引退した。あの津田恒実さんとはウマが合い「家族ぐるみで付き合いがあった」という。

 阪急を日本一に導いた剛腕・山口を差し置いて“全体1位指名”で飛び込んだプロの世界だったが、結局、目立った成績を残すことはなかった。現役生活を終えた後は、古巣に戻り6年間、打撃投手、用具係、スコアラーを兼務した。

 退団後は奈良県安堵町の商工会に入り、その経験を生かして政治家に転身。町会議員として8年目を迎え、3年前から、母校の岡山・津山商の非常勤コーチも兼任。岡山県北から悲願の甲子園出場を目指している

 「小さな町なので人に優しい町づくりを。母校には恩返しがしたいだけです」

 まだ65歳。まさかの「いの一番」指名で人生が変わった元猛牛戦士は今、異色の二刀流で猛進中だ。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス