文字サイズ

日本ハム・飯山コーチ コロナ陽性 遠征の参加者全員PCR検査へ

 日本ハムは12日、飯山裕志1軍内野守備コーチ(41)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。症状はないという。

 チームは仙台市に遠征中で、同コーチは11日の楽天戦からベンチ入りを見合わせ、宿舎で隔離されている。今季は一塁ベースコーチも兼務しているが、11日の同戦では鶴岡バッテリーコーチが代役を務めていた。球団によると他の選手、スタッフに症状は見られないが、遠征の参加者全員がPCR検査を受ける。

 飯山コーチは11日に仙台市に移動後、「家族が発熱を訴えている」と球団に報告。PCR検査を受け、12日に陽性と判定された。保健所の指導を受け、陰性となるまで経過観察となる見込み。家族は陰性だった。保健所が濃厚接触者の特定を行っている。

 13日に楽天生命パークで予定されている楽天戦については、PCR検査の結果を受け、協議、判断される見通しだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス