文字サイズ

巨人惜敗 5連勝でストップ 重信3ボールから痛恨の投ゴロ併殺

7回、巨人・重信は併殺に倒れる=甲子園(撮影・山口登)
8回の攻撃を終え、選手交代を告げに行く巨人・原監督=甲子園(撮影・北村雅宏)
8回巨人2死1塁、巨人・丸佳浩は空振り三振に倒れる(投手 阪神ロベルト・スアレス、捕手 阪神・梅野隆太郎)=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「阪神5-4巨人」(4日、甲子園球場)

 巨人は反撃及ばず、連勝が5でストップ。戸郷が3敗目を喫した。

 試合前の時点で7・5ゲーム差と引き離す2位阪神との4連戦。8月4戦4勝と好調の戸郷がマウンドへ上がったが、二回に大山にソロを浴び、先制点を奪われた。

 さらにこの回1死一、三塁から西勇にセーフティースクイズを決められ、2点目を献上。打球を処理した一塁手の中島が、打者走者の西勇へのタッチを優先したことで本塁送球が遅れ、三走ボーアの生還を許した。

 戸郷は六回にサンズにバックスクリーンへ2ランを被弾。小幡にも適時打を浴び、六回途中5失点でKOとなった。

 西勇に抑え込まれていた打線が反撃を開始したのは七回。丸、大城の適時打で2点を返してなお1死一、三塁としたが、代打重信が3ボールからスイングし、痛恨の投ゴロ併殺打。八回は岡本の2点適時打で1点差としたが、反撃はここまでだった。

 負けられない阪神は西勇が八回途中4失点で5勝目。八回途中から守護神のスアレスが登板し、1点リードを守り切った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス