文字サイズ

DeNA・ラミレス監督 3連敗もサバサバ「大野は素晴らしい投球だった」

 「中日3-0DeNA」(23日、ナゴヤドーム)

 2試合連続の完封負けで中日に3連敗を喫し、DeNA・ラミレス監督は淡々と敗戦を受け入れた。

 「大野は3試合連続で完投しているということで、この試合も素晴らしい投球だった。何とかわれわれもトライをしましたが、結果が出なかった」。打線はファーストストライクを積極的に振っていったが、捉え切ることができなかった。

 1点を追う五回、1死一、二塁の場面では投手の平田をそのまま打席へ送り、犠打成功で二、三塁。だが、梶谷が三邪飛に倒れ得点できなかった。指揮官は「もちろん、その選択肢(代打)はあったが、一、二塁という状況もあり、梶谷に託そうと。残念ながら梶谷はアウトになったが、平田がしっかりとバントを決めてくれて、戦略的には成功したのでよかった」と話した。

 結果的に直後の五回に平田が中日の代打・平田に2点二塁打を浴びてリードを広げられ、九回、2死二塁までチャンスをもらえなかった。

 3連戦でわずか1得点という結果に「これも野球なので仕方ないところ。しっかり戦略を練っていきましたが、それがつながらなかった」とラミレス監督。3位の中日に1ゲーム差と迫られたが、25日から本拠地に戻り、巻き返しを図る。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス