文字サイズ

種田容疑者逮捕 無免許でスピード違反 横浜などでプレー がにまた打法で人気

 現役時代の種田容疑者
1枚拡大

 岩手県警は21日、無免許運転でスピード違反をしたとして、道交法違反の疑いで、中日や横浜(現DeNA)で活躍した元プロ野球選手の会社員種田仁容疑者(45)=住所不定、写真=を逮捕した。

 逮捕容疑は、21日午後3時20分ごろ、岩手県一関市狐禅寺の主要地方道で、法定速度の50キロをオーバーして、ライトバンを無免許運転した疑い。

 県警によると、種田容疑者は勤めている内装業の営業で運転していたが、免許停止期間中だった。速度超過は認める一方「免許停止は明けていると思っていた」と話しているという。

 種田容疑者は大阪・上宮高から1990年、中日に入団し、2001年に横浜へ移籍。05年には打率・310の好成績を残し、通算1000安打も達成した。「がにまた打法」と呼ばれる独特の打撃フォームで人気を集め、西武へ移籍後の08年、戦力外通告を受けて現役を引退した。

 引退後は楽天でコーチを務めたが、12年1月、一身上の都合で自主退団となっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス