文字サイズ

DeNA・ラミレス監督 ミス連発におかんむり「最小限に抑えないと優勝できない」

 8回、山崎の打球を落球する佐野(撮影・園田高夫)
2枚

 「ヤクルト10-8DeNA」(4日、神宮球場)

 DeNAがソトの今季初の1試合2発を含む、今季最多15安打で8点を奪うも敗れた。

 五回を終わって4-4の同点。だが、六回から3イニング連続で2点ずつを失った。六回は暴投や捕逸が失点につながる。七回は2死一、二塁から重盗を仕掛けられた国吉が三塁に悪送球。八回は先頭・山崎の当たりを左翼・佐野が落球。そこから傷口を広げられ、痛い失点を喫した。投手陣全体で、敬遠を含め7四球。被安打6ながら、10失点という大量失点に直結した。

 ラミレス監督は「特に今日はミスというか、そういうものがいろんなところで出た。それが結果につながった。痛いミスが何個かあった」と指摘。首位・巨人との差は2・5差に広がり「ミスは最小限に抑えていかないと優勝できない。しっかり修正したい」と渋い表情だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス