文字サイズ

オリックス・西村監督が猛抗議 スクイズ成功一転ファウルの判定

7回、審判団に抗議する西村徳文監督(左)(撮影・園田高夫)
2枚

 「西武-オリックス」(2日、メットライフドーム)

 スクイズ成功が一転、取り消しとなった。

 オリックスは七回、1点差としてなお1死二、三塁の場面で、大城が初球をスクイズ。三塁走者・山足が森のタッチをかいくぐって生還したかに見えた。

 だが、審判団の協議の末、バントされた打球はワンバウンド後、もう一度バットに当たっており、ファウルの判定。西村監督の猛抗議も実らず走者は戻され、1ストライクから仕切り直しとなった。

 大城は4球目にもスクイズを試みたがまたもファウル。7球目に一ゴロを放ち、三塁走者を迎え入れて同点とした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス