文字サイズ

巨人・炭谷が攻守で勝利貢献!決勝打含む3打点&桜井好リード

4回、先制の適時二塁打を放つ巨人・炭谷(撮影・中田匡峻)
3枚

 「巨人5-3DeNA」(2日、東京ドーム)

 巨人の炭谷銀仁朗捕手が攻守で勝利に貢献した。

 打撃での活躍は四回、先頭の亀井が右中間二塁打で出塁。1死三塁からパーラが申告敬遠で歩かされ、一、三塁で打席へ。1ボール2ストライクからの4球目。低めの変化球を右中間へはじき返し、2者が生還。二塁に到達後、ベンチに向かって右手を突き上げた。

 「打ったのは落ち球ですかね。先制点を取れてよかったです」。

 八回には中島、パーラに続いて適時打を放ち、ダメ押しした。

 守っては先発の桜井を好リード。8回2安打1失点で初勝利に導いた。

 桜井と上がったヒーローインタビューでは「桜井は無駄なランナーを出さず長打を食らわない素晴らしいピッチングだった。先制打は自分でも楽になった」と笑顔を浮かべた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス