文字サイズ

オリックス・大城が先制打 17打席ぶり今季2安打目で今季初打点

1回、先制の右前適時打を放ったオリックス・大城(撮影・園田高夫)
2枚

 「西武-オリックス」(2日、メットライフドーム)

 オリックスは初回、先頭の宗の左前への一打を西武左翼のスパンジェンバーグがワンバウンドで頭を越され、さらにお手玉する際に一気に三塁に進塁(記録は二塁打と失策)。無死三塁から大城の右前適時打で先制した。

 「先制点のチャンスでしたし、ランナーをかえすことだけ考えて打席に入っていました。外寄りの変化球でしたが、なんとかタイムリーなってくれてよかったです!」

 大城は今季初打点。安打も17打席ぶり今季2安打目だった。

 さらに吉田正の左前打で、一、三塁とし、T-岡田の中犠飛で加点。

 今季初先発の山崎福也を援護した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス