文字サイズ

健大高崎・戸丸主将「気持ちの整理がつかない」センバツに続く悲報…

 夏の甲子園大会が中止となったことを受け、健大高崎の主将・戸丸秦吾捕手(3年)が20日、同校の室内練習場で取材に応じた。

 戸丸主将は複雑な表情を浮かべた。「小さい頃から野球をやってきて、甲子園でプレーするのを一つの目標としてやってきた選手ばっかり。気持ちの整理がつかない状態です」と声を絞り出した。

 健大高崎は今春、甲子園で開催予定だったセンバツの出場が決まっていた。同校の3年生部員にとって初の聖地出場になるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で中止。夏こそ甲子園の舞台に立つ-。それが野球部員のモチベーションになっていた。

 だが春に続いて夏も無情の中止に。夢はついえたが、「みんなと野球がしたい」と今後、練習試合などでチームメートとプレーすることを希望。後輩たちには「自分たちが出られなかった甲子園の舞台で、健大高崎の名を全国にとどろかせてくれるように頑張ってほしい」と大きな夢を託した。

 「“神様は乗り越えられる試練しか与えない”という言葉がある。自分たちの成長のためにいい期間」と必死に前を向いた。受け入れがたい現実と向き合い、主将は最後まで気丈だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス