文字サイズ

日本ハム・清宮「可能性に挑戦」東京五輪出場へ意欲 打撃上向き、感触「悪くない」

 「2軍練習試合、日本ハム2-4西武」(25日、鎌ケ谷スタジアム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が25日、延期の決まった東京五輪出場への強い意欲を示した。「期間が延びた分、可能性も広がる。その可能性に挑戦していきたい」。かねて公言してきた大きな夢に、全身全霊で突き進んでいく。

 この日は千葉・鎌ケ谷で行われた西武との2軍練習試合に「4番・一塁」で出場。初回1死、一、二塁から今井の初球を右前に運ぶ先制適時打を放った。昨秋に受けた右肘手術の影響で出遅れたが、24日には今年初本塁打を放つなど状態は上向き。「自分の中の感触は悪くない」と手応えを見せる。

 視察に訪れていた栗山監督は一定の評価を与えつつ「まだまだ気になるところがある」と一層のペースアップに期待した。夢をつかむには今季の結果が必要。まずは開幕に向け万全に仕上げていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス