文字サイズ

DeNAオースティン、キング弾 本拠初の逆転4号!昨年キングソトとアベック弾

 「オープン戦、DeNA4-2ソフトバンク」(7日、横浜スタジアム)

 衝撃音を残して、打球は弾丸ライナーで左翼席に突き刺さった。2点を追う六回2死一、二塁。DeNA新外国人のタイラー・オースティン内野手(28)が松田遼の投じた143キロ直球を砕いた。会心の逆転弾に「勝利に関わる一本はいつでも最高の気分だ」と満足げな助っ人。本拠地初アーチとなる4号で、オープン戦の本塁打ランキング単独トップに立った。

 最初の2打席は開幕投手が決まっている東浜から2三振を喫した。いずれもワンバウンドした変化球にバットが空を切った。それでも「いい球を打ち損じた結果の三振」と好球必打のアプローチは変わらない。3打席目はフルカウントまで粘り、得意の直球が甘く入るのを逃さなかった。

 2年連続本塁打キングのソトとは日本投手の特徴など、野球談義に花を咲かせている。「自分もオースティンも打つことが大好き。自分が言うこともあるし、彼が言うこともある」とソト。この日は2者連続の形で、初のアベック弾が実現。長打自慢の2人が並ぶと他球団にとっては大きな脅威だ。

 ラミレス監督は「他球団はより研究してくる」としつつも「常にホームランを狙っていると思うし、見ているとすごくエキサイティングなプレーヤーだと思う」とニヤリ。オースティン、ソト、ロペスの3人が初めて同時に守備に就く布陣を試した本拠地初戦。破壊力の一端を示した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス