文字サイズ

プロ野球OP戦 残り72試合無観客 新型コロナで斉藤コミッショナー「苦渋の決断」

 日本野球機構(NPB)は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け都内で臨時の12球団代表者会議を開き、3月15日までのオープン戦全72試合を無観客で実施することを決めた。オープン戦を無観客として行うのは初めて。会議終了後に対応した斉藤惇コミッショナー(80)は「苦渋の決断」とし、ファンに理解を求めた。3月20日からの公式戦については予定通り開催する方向で準備を進める。また、29日から3月12日まで行われる春季教育リーグも全試合で無観客となる。

 プロ野球界が、極めて大きな決断を下した。約2時間にわたって行われた会議。残りのオープン戦全試合を無観客とすることを決めた。終了30分後、無数のフラッシュを浴びた斉藤コミッショナーは、沈痛な表情を浮かべながら言葉を紡いだ。

 「プロ野球が感染拡大を防ぐためにできることはなんであるかを考えまして、ファンの皆さんには大変申し訳ないと思っておりますが、苦渋の決断をしたところであります」

 この日の会議前、政府が今後2週間におけるスポーツ、文化に関するイベント開催について、中止や延期、規模縮小の対応を取るよう要請。野球界も、それに沿う結論を出した。実際には2週間経過後もオープン戦が組まれているが「徐々に見ていこうというのはダメなのではないか」と、最終戦までと明確に線引きした。

 さらに、この日の会議で、12球団が参加する対策委員会を設置することを決定。感染症の専門家や医師の意見を聞きながら、今後についての判断を下していく。会議の中で挙がった選手や球団関係者に感染者が出た場合などの対応についても、同委員会の中で協議するという。

 今後の焦点は開幕以降に移る。斉藤コミッショナーは「レギュラーシーズン143試合の実施を最優先に検討をしていきたい」としたものの、現時点で開幕戦を予定通り行えるかは不透明。会議では深刻なケースに備えた具体的な日程策定の話も出たという。出席者の1人は「考えていかなければ。日程再編も含めて、すでに検討には入ってくれているようだ」と話した。

 オープン戦や公式戦で無観客試合を行うのは初めての事態。同コミッショナーは「オープン戦については断腸の思い」とファンに理解を求めた。国全体が揺れる中で、野球界も明確な答えを出した。あとは、事態の沈静化を祈るしかない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス