文字サイズ

オリックス新外国人ロドリゲスが診断右外腹斜筋損傷 復帰まで時間を要す可能性も

 オリックスの新外国人、アデルリン・ロドリゲス内野手(28)=前パドレス3A=が20日、右脇腹の違和感を訴え宮崎市内の病院でMRI検査の結果、右外腹斜筋損傷と診断された。

 全治などは発表されなかったが、スイングに影響する箇所でもあることから、試合復帰まで時間を要す可能性もある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス